ホーム>ソリューション>BIMの活用について

BIMの活用について

BIMの活用について

BIMの活用について

BIM(ビム)とはBuilding Information Modelingの略称で、IT技術を応用した建築手法です。
建物とこれに関わるあらゆる情報を、PC内の「3次元建築モデル」に集約・統合しこれを一種の
データベースとして設計から施工、維持管理に至るプロジェクト全体で活用するものです。
東京スカイツリーの設計〜施工においてもBIMを採用しています。
従来肩(2次元CADデータ)伝達を、3次元建築もモデルデータのやり取りに置き換え、プロジェクト全
体の流れを効率化して、より安くより良い建物を造ることが可能なBIMというソフト導入・活用しています。

最先端技術で高品質の建築を創造する

BIMのワークフロー

BIMを導入すれば3次元モデルをベースとして様々な解析やシミュレーション、デザインレビューを
可視化するので、施工主との合意形成を早める効果があります。
基本設計段階では進捗に際して合意形成を取り付けながらプロジェクトが進んでいきます。
施工主も設計を可視化することが容易になります。

BIM導入の6つのメリット

今お使いのCADをそのまま利用し、2次
元で作成したデータをGLOOBEで読み込
みます。手間のかかるモデル作成時間を
大幅にカットし素早い提案が可能になり
ます。

形成モデルをダイレクトに出力し、高品質
でリアルなウォークスルーが可能。日照や
建材シミレーションがその場で行え、イン
パクトのあるプレゼンが可能です。

油彩風や色鉛筆風など趣のある平面図や
立面図がワンクリックで作成可能。時間
のかかる表現を短時間で行い、魅せるプ
レゼンで受注アップを支援します。

計画モデルの作成段階で大よその金額を
把握可能。オブジェクトリストで集計さ
れた概算数量をExcelに出力し、各オブ
ジェクト毎に単価を設定するだけでプロ
ジェクトの概算金額を素早く把握するこ
とができます。

形成モデルから平面詳細図、矩形
図、展開図などの詳細図などを自動
生形し、実施設計業務の大幅な効率
化を実現します。

日本の建築業界固有の考え方とも言われてい
る「施工図」。現場に不可欠なこの図面の
作成を、国産3D施工図作成システム「J-BIM
施工図CAD」が支援します。

TOP

Copyright ©  Universal Design Office Inc. All rights reserved